日本基督教団 原町田教会 » Blog Archive » 自分らしく

自分らしく

 私がこの原町田教会に通うようになってから、早いもので4年あまりたちました。私の両親はクリスチャンで、以前私がまだ幼い頃、両親はこの教会の会員でした。父の転勤などで現在、両親は私の家の近くの教会に通っております。

 私がまだこの原町田教会に導かれるようになる前は、私は自分の性格が嫌いでした。もちろん、年齢と共にそれなりに自分は色々な面で成長してきているとは思うのですが、私の性格のどこかにとても幼い部分があるのが自分でもよくわかっていて、そんな自分が本当に嫌でした。少しでも成長しようといつも無理をしている人間でした。そして、難しい本などを色々読んだりしていましたが、それは読みたくて読んでいるのではなく「読まなくては!」と、どこか無理をしていました。ですからそのような難しい本を読んでみたりしても(もちろんその中で素晴らしい本にも出会いましたが)自分の心はなかなか満たされませんでした。

 転会させて頂いてまもなく、この教会で私は素晴らしい友達を沢山神様から与えられ、その中の一人Sさんに、自分にいまいち自信がもてないという様なことを話しましたら、Sさんは私に「難しい本ばかりでなくて、たまにはもっと夢のある楽しい本を読んでみたら?」と言ってくださいました。そして早速、Sさんともう一人の友人Hさんのお二人が、表参道にあります『くれよんはうす』という素敵な絵本屋さんに私を連れていってくださいました。そこには私が大好きな、可愛い夢のあるイラストの載った素晴らしい絵本が沢山置かれていて、ストーリーも心温まる本ばかりでした。そして、SさんとHさんは子供向けのいわゆる絵本というものが、人間にとってどんなに素晴らしいものであるかを私に教えてくださいました。それまで私は、絵本というものは子供の読むものだと勝手に決めつけていたので、本当に驚くばかりでした。私はその日、心からSさん、Hさんに感謝致しました。

 現在、私はカルチャーセンターで主に子供さん達にピアノを教えておりまして15年ほどたちます。いつも子供さん達からは夢や希望、そんな子供さん達に似た所がある自分を、信仰的に少しづつ受け入れられる様になって参りました。原町田教会に導かれ、素敵な方々に出会わせてくださった神様に心から感謝しております。マタイ18章3節「はっきり言っておく。心を入れかえて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない。」この聖句に励まされながら、これからも自分らしく、この原町田教会で皆様と主にある交わりを深めさせて頂きたいと思っております。

(40代・女性)

日本基督教団 原町田教会 : 当教会では、日本聖書協会発行『新共同訳聖書』、日本基督教団出版局発行『讃美歌21』を使用しています。