2020年4月26日 主日礼拝 復活節第3主日

クリックすると別ウインドウが開きます、そのウインドウで音声をお聴きください。
前半・説教・後半を別々にお聴きになりたい場合は、ページの一番下のボタンをお使いください。

前奏

 

招詞 イザヤ書43章1節

讃美 11「感謝にみちて」


感謝にみちて み神をたたえん。
すべてささげ みわざをうたわん。
母の胎に ありし日より
あがないたもう 神の力。


わがいのちの すべての日々を
恵み祝し 平和をあたえ、
いかに深き 悩みすらも
あわれみもて いやしたまわん。


栄光と賛美 ささげてうたわん。
父なる神 み子と聖霊に、
昔いまし 今もいまし
永遠にいます ひとりの主に

アーメン

 

交読詩編 145編1節〜9節

讃美 24「たたえよ、主の民」

たたえよ、主の民、みつかいと共に、

恵みにあふれる 父・子・聖霊を。

アーメン。

 

祈祷

 

聖書 ヨハネによる福音書21章1節〜14節

讃美 326「地よ、声たかく」


地よ、声たかく 告げ知らせよ、
とうときイェスの よみがえりを。
死より命へと みちびきたもう
主イェスとともに われら進まん。


罪に打ち勝ち 死をやぶりて
われらの心 解き放つ主。
その勝ち歌こそ 全地に満ちて、
救われしもの ともに歌う。


天よ、喜べ、地よ、たたえよ、
造られしもの 声あわせよ。
主のよみがえりの この日を祝い、
尽きぬ喜び われらたたえん。

アーメン

 

説教 「何度も現れて『さあ、食事をしよう』」宮島牧人 牧師

 

讃美 520「真実に清く生きたい」


真実に 清く生きたい、
誠実な 友のために。
恐れず 強くありたい、
なすべきわざのために。


まことの 友となりたい、
友なき 人の友と、
与えて 報い求めぬ
まことの愛の人と。


謙虚に 進みゆきたい、
弱さを 自覚しつつ。
ゆく手は なお遠くても
心を高くあげよう。

アーメン

 

信仰告白 使徒信条

我は天地の造り主(ぬし)、全能の父なる神を信ず。

我はその独(ひと)り子(ご)、我らの主、イエス・キリストを信ず。

主は聖霊によりてやどり、処女 (をとめ)マリヤより生れ、

ポンテオ・ピラトのもとに苦しみを受け、十字架につけられ、

死にて葬られ、陰府(よみ)にくだり、三日目に死人のうちよりよみがへり、

天に昇(のぼ)り、全能の父なる神の右に坐(ざ)したまへり、

かしこより来りて、生ける者と死ねる者とを審(さば)きたまはん。

我は聖霊を信ず、聖なる公同の教会、聖徒の交はり、罪の赦し、

身体(からだ)のよみがへり、永遠(とこしへ)の生命(いのち)を信ず。

アーメン。

 

報告

 

主の祈り

天にまします我らの父よ。

願わくは御名(みな)をあがめさせたまえ。

御国(みくに)を来たらせたまえ。

みこころの天になるごとく、

地にもなさせたまえ。

我らの日用(にちよう)の糧(かて)を

今日も与えたまえ。

我らに罪を犯すものを我らが赦(ゆる)すごとく、

我らの罪をも赦したまえ。

我らを試(こころ)みにあわせず、

悪より救いいだしたまえ。

国と力と栄えとは、

限りなく汝(なんじ)のものなればなり。

アーメン。

 

讃美 88「心に愛を」

心に愛を 豊かに満たし、

日ごとのわざに つかわしたまえ。

アーメン

 

祝祷

 

後奏

 

前半、説教、後半、を別々に聴きたい場合、下記のそれぞれの画像をクリックしてください。

 

当ぺージでの引用聖書:日本聖書協会発行『新共同訳聖書』 (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988