4月21日 あなたの涙はぬぐいとられる

◆ヨハネ福音書20章11〜18節
20:11 マリアは墓の外に立って泣いていた。泣きながら身をかがめて墓の中を見ると、
20:12 イエスの遺体の置いてあった所に、白い衣を着た二人の天使が見えた。一人は頭の方に、もう一人は足の方に座っていた。
20:13 天使たちが、「婦人よ、なぜ泣いているのか」と言うと、マリアは言った。「わたしの主が取り去られました。どこに置かれているのか、わたしには分かりません。」
20:14 こう言いながら後ろを振り向くと、イエスの立っておられるのが見えた。しかし、それがイエスだとは分からなかった。
20:15 イエスは言われた。「婦人よ、なぜ泣いているのか。だれを捜しているのか。」マリアは、園丁だと思って言った。「あなたがあの方を運び去ったのでしたら、どこに置いたのか教えてください。わたしが、あの方を引き取ります。」
20:16 イエスが、「マリア」と言われると、彼女は振り向いて、ヘブライ語で、「ラボニ」と言った。「先生」という意味である。
20:17 イエスは言われた。「わたしにすがりつくのはよしなさい。まだ父のもとへ上っていないのだから。わたしの兄弟たちのところへ行って、こう言いなさい。『わたしの父であり、あなたがたの父である方、また、わたしの神であり、あなたがたの神である方のところへわたしは上る』と。」
20:18 マグダラのマリアは弟子たちのところへ行って、「わたしは主を見ました」と告げ、また、主から言われたことを伝えた。

◆詩編30:2〜6節
30:02 主よ、あなたをあがめます。あなたは敵を喜ばせることなく わたしを引き上げてくださいました。
30:03 わたしの神、主よ、叫び求めるわたしを あなたは癒してくださいました。
30:04 主よ、あなたはわたしの魂を陰府から引き上げ 墓穴に下ることを免れさせ わたしに命を得させてくださいました。
30:05 主の慈しみに生きる人々よ 主に賛美の歌をうたい 聖なる御名を唱え、感謝をささげよ。
30:06 ひととき、お怒りになっても 命を得させることを御旨としてくださる。泣きながら夜を過ごす人にも 喜びの歌と共に朝を迎えさせてくださる。

皆さん、イースターおめでとうございます。イースターという素晴らしい日をこうして皆さんと一緒にお祝いできますことに感謝します。この集まりはわたしたち一人一人の意思によってできた集まりではありません。「今日は、イースターだから礼拝に行こう」と思って来たのだから、自分の意思によって集まったと思うかもしれませんが、そうではありません。この集いは神様が集めてくださったものです。復活日は神様がイエス様を死から起こされた日だからです。神様が今日、こうやって一人一人を原町田教会に集わせてくださったのですから、わたしたちはこの出会いに心から感謝したいと思うのです。隣に座っている人、前と後ろに座っている人を見てください。この人は「いつもと同じあの人」ではなくて、神様が復活日の今日、自分と出会うために集めてくださったあの人です。あの人は毎週のように会っている同じ人とは思わないで、むしろ今年も一緒にあの人と復活日をお祝いすることができるのだから、「あなたと出会えて、今年もこうしてイースターを一緒にお祝いできてとっても嬉しい」と心から感謝いたしましょう。なぜなら、イースターはどんな悲しみであっても、どんな苦しみであっても喜びへと変えられる日、流れている涙がぬぐい去られる日だからです。

マグダラのマリアさんは、墓の外に立って泣いていました。イエス様の遺体が墓からなくなっていたからです。彼女は確かにイエス様が十字架の上で死なれたことを見ていました。同じようにその遺体が墓に納められたのも彼女はその場にいて見ていました。ですから、イエス様が死んでしまったことで心の中に大きな穴がぽっかりと開いてしまったような寂しさを感じていたでしょうし、油を塗りに来たのにイエス様の遺体がなくなってしまったことで途方に暮れて泣いていたのです。遺体がない、遺体が見つからないというのは辛いことです。これは経験した人でないとわからないことかもしれませんが、東日本大震災の時に起きた津波によってたくさんの人の遺体が見つからなかったことで悲しみがより深くなったことをわたしたちは知りました。死んだ人を間近に見て、その遺体としばしの時を過ごし、そして遺体を棺に納め、葬儀をして火葬する。わたしが牧師となってこれまで何度も葬儀をしてきまして思いますのは、人が召されてからまず、遺体を前にして祈り、家族の方との日程などの打ち合わせ、納棺式、自宅からの出棺式、葬儀、火葬の前の式、骨を骨壷に入れる前の祈り、お墓に納骨する式など、一つ一つのこれらの「喪の作業」と呼ばれるプロセスが死を受け止めるにはとても大切だということです。そのような喪の作業があるからこそ「神様、あなたの御手にお委ねします」とその人の命を手渡すことができ、死の現実をなんとか受け止められるようになっていきます。でも、遺体がなくなってしまいますと油を塗ることも喪の作業もできません。

大切な人を亡くし、遺体もなくなってしまい、涙を流して途方にくれる人を神様はそのまま放っておかれません。神様は悲しむ人を決して一人にされることなく、涙を流すマリアさんにまず初めに天使が話しかけます。「婦人よ、なぜ泣いているのか」。彼女は答えます。「わたしの主が取り去られました。どこに置かれているのか、わたしには分かりません」。天使に続いて涙を流す彼女にイエス様が声をかけられます。「婦人よ、なぜ泣いているのか。だれを捜しているのか」。まさかこの人がイエス様だとは思いもしませんから、マリアさんは「あなたがあの方を運び去ったのでしたら、どこに置いたのか教えてください。わたしが、引き取ります」。深く悲しんでいる時のわたしたちはなかなか人の励ましや慰めの言葉を受け入れられないことがあります。彼女もそうでした。そこでイエス様は彼女の心に届くように「マリア」と声をかけられます。この人はイエス様だと気づいてマリアさんはよほど嬉しくなったのでしょう。もうイエス様を放さない。そんな思いで彼女はイエス様にしがみつきましたが、イエス様は彼女を立ち上がらせる言葉をくださいます。「わたしの兄弟たちのところに行って、こう言いなさい『わたしの父であり、あなたがたの父である方、また、わたしの神であり、あなたがたの神である方のところへわたしは上る』と」。

わたし宮島は、8年ほど前になりますが、自分の父親を天に送ったときの葬儀でたくさん涙を流しました。父の葬儀はわたしが牧会をしていました茨城県の牛久教会で行いまして、当然、わたしが牧師としてその葬儀を司式いたしました。説教の時はなんとか堪えられたのですが、父の好きだった讃美歌を歌う時には涙を流し、また葬儀の後半の思い出を話す時になっても、小学生の頃一緒にヨットに乗って海に行ったことや一緒に釣りをしたことなど元気でいた父を思い出し、もうあのように楽しく過ごすことができないと思い、天に召される前の10年近く、父は病気で動けなくなっていて、自分は弱っていく父に何もできなかったという思いもあり、たくさん泣きました。でも、その時、その葬儀には教会員はもちろん、特に連絡を入れていなかったのですが、幼稚園の保護者の方たちや同じ地区の牧師仲間たちも数人駆けつけてくれまして、嬉しかったことを覚えています。そして何よりも、わたし自身が父と十分に心通わせる時間が取れていなかったという悔いが残る中でも、父はまことの親である神様のところに帰って行ったと信じられること。神様が父の手をとって「起きなさい。新しい朝だよ」と立ち上がらせてくださり、新しい命を神様のもとで生きていると信じることによってわたしは深い慰めを得ました。イエス様が死から起こされ立ちあがったからこそ、わたしたちは死は終わりではなく、新しい命の始まりだと信じることができます。復活を信じることができるわたしたちは本当に幸いです。
 
さて、イエス様の「マリア」との言葉で立ち直ったマグダラのマリアさんに、今度は使命、ミッションが与えられました。「弟子たちのところへ行って、こう言いなさい」と進むべき道が示されたのです。彼女は弟子たちのところに行って福音を伝えました。「わたしは主を見ました」。この彼女の一言が復活を信じる教会の始まりとなりました。死は終わりではなく、新しい命の始まりだと伝えるこの福音は「わたしは主を見ました」と告げたマグダラのマリアさんから始まり、彼女のこの一言が多くの人を慰め励ます教会の礎となりました。彼女はどこにでもいる普通の人で、いくつもの病気を抱えて苦しんでいましたがイエス様と出会い、病を癒されたことがきっかけとなりイエス様に従ってエルサレムまで来ていました。そして神様は悩みを抱える普通の女性マリアさんをイエス様の復活の証人として用いられたのです。同じようにイエス様と出会って救われた原町田教会のわたしたちを神様は復活の証し人として用いてくださいます。

イエス様は「わたしの父であり、あなたがたの父である方のところに上る」と言われました。イエス様が死んだ後、死から起こされて父なる神様のところに上っていかれたように、わたしたちも同じように神様のところに上ります。イエス様が「あなた方の父である方のところ」と言われているからです。ヨハネ福音書14章2節でイエス様はこう言っていました。「わたしの父の家には住む所がたくさんある。もしなければ、あなたがたのために場所を用意しに行くと言ったであろうか。行ってあなたがたのために場所を用意したら、戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える」。死は終わりではなく、神様のところで生きる命の始まりです。この世の旅路を終えた後、その旅路が長いとか短いとか、良し悪しに関係なくイエス様は必ずわたしたちを迎えに来てくださり、父なる神様の家に連れて行ってくださるのです。

ある人が「クリスチャンにならないと天国には行けないのですよね。わたしはクリスチャンになったのですが、わたしの前に亡くなった父や母は仏教徒でしたから、地獄にいるのですか?」と聞きました。その人にわたしたちはなんと答えるのでしょうか?「そうです。クリスチャンにならないと地獄に行くのですよ」と答えるのでしょうか。でも、想像してみてください。皆さんが大好きだった家族がただ洗礼を受けなかったからという理由で地獄にいて苦しむ様子を天国から見ている皆さんは幸せですか?大切な人が苦しむのを見ているところはどう考えても天国とは言えません。イエス様は人が苦しむのを見るようなところに皆さんを迎えることはなさらないはずです。「行ってあなたがたのために場所を用意したら、戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える」との御言葉は分け隔てなく、すべての人に伝えられたものです。あなたがたすべての人は、この世の旅路を終えた後には親である神様のところに上るのです。

これこそ、福音、喜びの知らせです。マグダラのマリアさんが「わたしは主を見ました」と告げたのと同じように、わたしたちも「わたしは復活を信じます。死は終わりではなく、新しい命の始まりです」と近くの人に伝えていくのです。親しい人の死を経験し、涙を流す人にわたしたちはマグダラのマリアさんが弟子たちに告げたように伝えます。

この世の旅路を終える時は誰にでも必ずやってきます。だからこそ、「あなたと出会えて、今年もこうしてイースターを一緒にお祝いできて嬉しい」と心から思うことができます。あなたと一緒に主の復活を祝う今という時がどれほど尊いのか。同時にこの世でのお別れが来た時でも「死は終わりではない。復活の主イエス様がわたしを迎えに来てくれて主の家に迎え入れてくれる」と信じることができるのです。

日本基督教団 原町田教会 : 当教会では、日本聖書協会発行『新共同訳聖書』、日本基督教団出版局発行『讃美歌21』を使用しています。