牧師メッセージを掲載しています

宮島牧師によるメッセージを、テキストまたは音声で、掲載しています。
日曜日の礼拝にもどうぞおいでください!お待ちしています。

2020年2月16日 良くなりたいのです

聖書箇所 ◆ヨハネによる福音書5章1〜18節 ◆詩編 32編1〜7節

38年間も病気で苦しみ、ベトザタの池のすぐ横の回廊で横たわっている人がいました。イエス様はその人を見てこう言われました。「良くなりたいか」。なんとも味気ない言葉のように聞こえます。病気だったら誰でも1日でも早く良くなりたいと思うに決まっているからです。でも、実はこのイエス様の「良くなりたいか」という言葉の中には病気の人の立場を想像し思いはかる優しさが込められています。まず、イエス様はその人を見て「長い間病気であることを知って」とあります。その人の顔や手に刻まれたシワ、着ている服、うつろな目、ボロボロになった薄っぺらな布団などからイエス様はその人がかなり長い間病気でその回廊に横になっているとわかりました。その病気の人は身動きもできずそこに横たわっていましたから、人の情けにすがって長年物乞いをして生き延びてきました。

エルサレムの神殿にやってくる多くの人たちに「病気ですから助けてください」と物乞いしてきましたから、この人にとって病気であることは大事な商売道具でした。その商売道具である病気が治ってしまったら38年間も続けてきた物乞いができなくなります。この人が10代から病気になったとしたら、この時はすでに50歳ぐらいでしたから当時の感覚からしてもうすでに働き盛りを過ぎた年齢ですし、仕事を自分で探して働くことはとても大変なことです。イエス様はその立場を想像し思いはかって、それでも「良くなりたいか」と聞いたのです。

イエス様は神様だから病気の人のことをそこまで想像し思い計ることができたとも言えますが、わたしはそれだけではないと思います。イエス様は人としてご自分が育って来られた中で見てきたこと、経験したことを通して痛み、苦しみにある人たちのことを想像し、思いはかることを学んできたのだと思うのです。

イエス様はマルコによる福音書によれば地元で周りの人から「マリアの息子ではないか」と言われています。聖書の中ではほぼ100%近く、父親の名前の後に息子の名前が出てきますが、イエス様は「マリアの息子ではないか」と言われています。つまり父ヨセフさんは若いうちに亡くなって、シングルマザーとしてマリアさんに育てられたと理解することができます。シングルマザーの家庭は現代でも大変ですが、2000年前の当時ではそれこそ物乞いをしないと生活できないほどの大変さがあったと想像します。先ほどの讃美歌280番の1番にもありました。「貧しきうれい、生くるなやみ、つぶさになめしこの人を見よ」。当時は現代のような社会保障は整っていませんし、男社会だった中で女性が働いて家族を養うことは到底できません。ですから長男だったイエス様はそれこそ10代の時から父親の仕事を継いで大工の仕事をしていたのでしょう。大工仕事と言っても日本の大工のように木を使って家を作るのではなく、2000年前のガリラヤでは底辺労働者たちの仕事であった石切り労働者だったと言う人もいます。石を切る仕事はあまりやりたくない重労働ですし、粉塵が飛んで肺の病気にもかかりやすい危険な仕事でもありました。中には若いうちに肺の病気になって亡くなる人もいたはずです。イエス様はそのような生活の中で、病気になってしまい仕事ができず物乞いをして生きる人たち、社会の底辺に押しやられながらもなんとか生き延びている人たちと出会い、その人たちの苦労話を聞き、祈ってきました。だからイエス様は病気の人が横たわっているのを見て、長い間病気であるのを想像し、思い計ることができたのです。

わたしはこれまで人の苦労や苦しみをわかることは難しい、相手の立場に立って相手のことを想像し、思い計ることも極めて難しい、と考えていました。でも先日、わたしは目からウロコのような言葉に出会いました。ある本の中にあった言葉ですが、イギリスの人と結婚された日本人女性が中学生の息子さんについて書いた本でして、イギリスには「シンパシー」と「エンパシー」という言葉をしっかりと使い分けているというのです。「シンパシー」はカワイイ、可哀そう、共鳴してぐっとくる、など自分で努力しなくても出てくる「感情」のことを言うのに対して、「エンパシー」は人のことを想像する「能力」だと言うのです。自分とは違う立ち位置の人に対して、その人がどうしてこう思うのだろうと想像する能力のことを「エンパシー」といい、シンパシーは感情のことで学ぶことは難しいのですが、エンパシーは知的作業ですから経験し、学ぶことができるというのです。その本の著者曰く、イギリスは日本に比べて「階級」が明確で、「上流階級」と言われる人たちから「底辺」と言われる人たちまで貧富の差が大きく、加えて人種や民族や宗教も様々で、差別や格差が広がっています。そんな社会だからこそ、相手の立場や気持ちを想像することが大切で、彼女の息子さんが通う学校でもエンパシー教育が行われている、つまり違う立場の人たちのことを想像し、思い計るための学びが行われているというのです。

わたしは大人なってから教会に26年間つながってきましたが、この間に実にいろいろな人と出会ってきました。教会は誰でもどんな人でも集うことができるところですから、生まれた国や地域が違う人たち、違った職業、異なる家庭環境、年齢の違いなどありとあらゆる人が集うことができます。以前にいたある教会で、何人かの人に地元の方言で主の祈りを発表してもらったことがあります。九州の言葉、関西の言葉、東北の言葉などそれぞれの方言で主の祈りを事前に訳してもらってきて愛餐会の時に発表してもらいました。原町田教会ではペンテコステの時にペルシャ語やインドの言葉などで聖書を読んでもらったこともありますね。教会には色々な人がいますし、それだけでなく特に教会には様々な重荷を負いながらも一生懸命に生きている人がこうして毎週日曜日に集っています。わたしたちはこの礼拝堂に集う自分とは違う人たちと出会い、その人たちの経験を聞くことができます。教会は違う立場の人たちのことを想像し、思い計るエンパシーの力を高める最適な場所の一つなのです。

イエス様が「良くなりたいか」と相手のことを想像し、思いはかった言葉をかけると病気の人はその優しさに心動かされて正直な思いを伝えました。「主よ、水が動くとき、わたしを池の中に入れてくれる人がいないのです。わたしが行くうちに、ほかの人が先に降りて行くのです」。今日の箇所の5章3節終わりに十字架のようなマークがあるのに気づきましたでしょうか?3節の途中から4節にかけて底本にない部分でして、212ページに今日のところで欠けた文章が載っていますので読みますね。(212ページの文書を読む)。水が動いた時に1番に池に入った人はその病気が癒されるのに、それができない、つまりこの38年間病気だった人は「良くなりたいか」と聞かれ、「良くなりたいのです」と答えたのです。その人の思いを受け止めたイエス様は「起き上がりなさい。床を担いで歩きなさい」と言われ、その人は癒されました。その後の出来事を読みますとイエス様とユダヤ人たちのこの人に対する関わり方が大きく違っていることに気づきます。ユダヤ人たちは安息日にしてはいけないことをしたと病気の人の苦労や痛みを想像し思いはかることではなく、ただ自分たちの正しさを突き通そうとします。この病気だった人への関わり方の違いを見て思うのは、わたしたちはここでのユダヤ人のように自分の正しさを優先するのでなく、イエス様のように人の痛みや苦しみを想像し、思いはかることを優先したいのです。

イエス様は神殿の境内でこの人にもう一度出会われ、こう言われます。「あなたは良くなったのだ。もう、罪を犯してはいけない。さもないと、もっと悪いことが起こるかもしれない」。ここにもイエス様の相手の立場を想像し、思いはかる優しさがあります。この人は自分が罪を犯したからその罰として病気になったと周りからも言われ、また自分でも信じていました。ですから、イエス様はもうこの人にあのような苦しい経験をさせたくないとの思いから「もうあなたは十分に苦しんだのだから、もっと悪いことがあなたに起きないように罪を犯さないで生きていくんだよ」と励ましの言葉をかけたのです。

イエス様をわたしたちは救い主であり、神様であると信じていますが、同時に人としてどう生きるべきなのかを示すわたしたちの良きモデルでもあります。イエス様に憧れて、イエス様の真似をして生きていきたい。そのために神様は教会という素晴らしい学びの場、違う立場の人たちのことを思い計るエンパシーの力を高める場をわたしたちに与えてくださっています。いまこのように礼拝を捧げている時は皆、神様の方に心を向けて福音のメッセージを聞いていますが、礼拝が終わった後の食事の時間、第一、第三主日は食事がありますし、何かの他の集いがあるときには、ぜひ、原町田教会に集っているいろいろな人とお話をしてください。いろいろな経験談や苦労話を聞くことによって自分とは立場の違う人たちのことを想像し、思い計るエンパシー力を高めることができます。病気の人に向かって「起き上がりなさい」と言うことはできませんが、その人の置かれた状況に想いを馳せて、その人の話を「うん、うん」とうなずきながら「そうですね」と心を傾けて聴くことはできますし、そして何よりも病気があれば「1日も早く良くなりますように」と心から祈ることができます。それがどれほどその人にとって慰めになるか、支えになるか。誰でも病気になったら良くなりたいのです。イエス様がわたしたちのその気持ちをよくわかってくださっていますから、わたしたちもお互いに「良くなりますように」と相手の思いを受け止めつつ、心を込めて祈りましょう。イエス様がわたしたちのうちに働いて病気やその痛み、苦しみで折れかかった心と体を起き上がらせてくださいます。

2020年1月26日 カナでの栄光はこれからも

聖書箇所 ◆ヨハネによる福音書2章1〜11節 ◆詩編19:2〜7

年末年始にかけて、母と姉が住んでいる長野県に行ってきました。そこでいろいろな話をした中で、母が病気になって入院をした時の話になりました。それはわたしが町田に来る前に住んでいました茨城県牛久にいた時のことです。母は難病の父の介護を中心に生活をしていて、忙しくしているわたしに配慮してほとんどのことを自分でやっていましたが、ある日、父をショートステイで預かってもらったと言いながら、体調が悪いのでちょっとだけ休ませて、明日になったら病院に行くからと牧師館に来ました。「いいよ。どうぞ」とその牧師館は部屋がたくさんありましたから泊まってもらい、翌日近くのクリニックに行きましたら、風邪が悪化して膿がノドの周りに溜まっていて、すぐに手術をしないと危ないと言われ、急遽大きな病院に連れて行くことになり、その後無事手術を終えてしばらくしてから退院となりました。先日、長野で母にあった時、そのことを「あの時は助けてもらってありがとね」と言うのです。わたしは「当然」と心に思いながらも母を助けることができてわたし自身嬉しかったと感じました。わたしは当然と言いましたが、それだけわたし自身が生まれたから大人になるまでたくさん母に助けてもらいましたから「当然」と思いますよね。

今日の聖書でもイエス様が母マリアさんからの願い事にしっかりと応えられています。母マリアさんがイエス様に「ぶどう酒がなくなりました」と言いました。きっと息子イエスならなんとかしてくれるんじゃないかと信頼して助けを求めたのです。自分のことを信頼して「助けてほしい」と家族から言ってもらえるのは幸せなことです。なぜなら、あんな奴に頼んでも何もしてくれないし、できるわけがないと思われているのは、そう思われるだけでなく日々の生活の中でお互いに何も頼まれず、しまいには挨拶すらなくなってしまうかもしれないからです。もちろん頼まれても何でもできるわけではありません。でも、困った時に「これがなくなってしまったけど、どうしましょう?」と相談されるのは「できる・できない」に関わらず一緒に考え、一緒に悩んでくれると信頼されている証拠です。母マリアさんはイエス様を信頼していましたし、イエス様もそれに応えたいと思われていました。ですから、「わたしの時はまだ来ていません」と言われても「この人が何か言いつけたら、そのとおりにしてください」と召使いたちに言えたのです。イエス様が「婦人よ、わたしとどんなかかわりがあるのです」と言ったのが気になる人もいるかもしれません。わたしの場合ですが高校生の頃、なぜだかわかりませんが母親に対してイライラしていた時がありました。「俺となんの関係もないだろう」というような気持ち、反抗期というのでしょうか。そんな気持ちを持ったことがありますのでこのイエス様の言葉もそのような肉親同士の難しさを表している。そのように受け止めることもできます。

イエス様は母マリアさんから「ぶどう酒がなくなりました」と信頼に裏打ちされたヘルプコールを受け止めて「水瓶に水をいっぱい入れなさい」と召使いたちに伝え、水がかめの縁まで満ちた後、「さあ、それをくんで宴会の世話役のところに持って行きなさい」と言われました。その水は美味しいぶどう酒に変わり、その婚礼の宴は途中で途切れることなく続いたのです。

先日、幼稚園で興味深いこんな話を聞きましたのでご紹介します。それは子どもたちが幸せだなと思う幸福度の調査でわかったことなのですが、次の3つのことが大切とのこと。1つは、子ども自身が人を助けたり、手伝うことができること。2つめは、子ども自身が困った時には安心して「助けて」と言える人がいること。3つ目は、子どもの母親が困った時には「助けて」と安心して言える人が身近にいること。その話を聞いて「それは聖書が言う通りだなぁ」と思いました。「人が一人でいるのは良くない。助ける者を造ろう」と神様は言われてアダムから肋骨をとって助ける者としてのエバを創造されたことが創世記にあります。神様はわたしたち人間を助け合って生きる者として造られました。

カナの婚礼での母マリアさんとイエス様との信頼関係、またイエス様と召使いたちとの信頼関係を見ていますと神様の「助ける者を造ろう」との願いがそこに実現していることに気付かされます。「これがなくなりましたので助けてください」と言う母に応えようとする息子イエス様。イエス様の「水をいっぱい入れなさい」と言われた言葉を信頼した召使いたち。彼らはこの水がめが飲むためではなく、律法に従って清めのために使う水だと知っていました。ですから「どうして清めのかめに婚礼の最中に水を入れるのだろう?」と疑問を感じたかもしれませんし、ましてや清めのための水をくんで婚礼の世話役に持って行くなんてできるわけがない。世話役に「どうしてこんな水を持ってきたんだ!」と怒鳴られて、給料を減らされてしまうかもしれない。そのようなリスクもありましたが、召使いたちはイエス様を信頼して、また自分たちを信頼してくれるイエス様に応えたいとの思いもあって水をくんで運んで行きました。母を助けたり、婚礼の手伝いもできたイエス様は幸せを感じ、イエス様の手伝いをした召使いたちも幸せ、息子を信頼して助けてと言えた母マリアさんも嬉しかったことでしょう。それぞれが自分の手柄を自慢することもありませんでした。世話役はぶどう酒がどこから来たのか知らなかったとある通りです。

わたし自身も細々ですが外国人の方たちのお手伝いをしていまして、特に長崎や東京、茨城などの入管に収容されている人を仮放免という制度を使って外に出られるように手伝いをしています。ここ2年間ほどは入管から仮放免が許可されることが少なくなってきていて、面会に行く時に『ごめんね。また不許可でした』と伝えなければならないことが増えていますし、わたしが支援している人が強制的に帰国させられることもあります。それでも時には長く収容された人が外に出られることになり涙を流しながら「宮島さん、ありがとう」と言ってくれることもあり、この働きをして良かったなと感じます。先ほど挙げた3つのことは子どもだけでなくわたしたち大人にも共通していると思います。誰か、他の人を助けたり手伝って「ありがとう」と言ってもらい、自分が困ったときには近くに「ちょっと困っていてね」と言える人がいて、一緒に生活する人が「大変なときでもわたしのことを覚えて祈ってくれる人がいて感謝だな」と言える。イエス様と母マリアさん、召使いたちが互いに助け合って婚礼は祝福されました。聖書はそのことを11節にある「栄光」という言葉で表現します。栄光と聞きますと何か素晴らしく輝かしいことのように思ってしまいがちですが、そうではありません。困った時には「手伝って」と言える信頼する人がいて、「いいよ」とその声に応えて「手伝ってくれてありがとう」と言われて嬉しく思う。助け、助けられ、感謝し、感謝される。そんな人との関わり合いをここでは栄光が現されたと伝えているのです。

先日、わたしが牧師になる前の4年間、神学生として牧師館をお借りしてそこに住みこみ、いろいろと助けてもらいました横浜本牧教会に行ってきました。そこの教会員の人で家族ぐるみでつながっている人が天に召されて前夜式に出席してきました。吉澤のぶひろさんという人ですが、わたしたちは親しみを込めて「おっちゃん」と呼んでいまして、そのおっちゃんがガンという病気で76年間の地上での歩みを終えて、天に帰って行かれました。おっちゃんは50歳の時に洗礼を受けてキリスト者になり、その直後にガンを患い、それから20数年間ガンと闘いながら生きてこれらました。おっちゃんのお連れ合いは食べるもの、飲み水などに気を配り、できるだけのことをしてきました。そんな中、おっちゃんは「僕はね、病気になって良かったと思うよ。病気のおかげで神様をもっと信じられるようになったからね」と葬儀説教で牧師は話しました。また遺族の挨拶をした息子さんも「わたしが父と同じ病気になったら『病気になって良かったよ』なんてわたしには言えないでしょうから、父を尊敬しています」と言いました。自分のことを思い、苦しい時には駆けつけてくれる人がいる。おっちゃんの葬儀に出てわかったのですが、先月の暮れから体調を崩されて自宅で療養していたおっちゃんのところには教会の人を始め、つながりのある人たちが何人も何度も訪れていました。わたしも今月の7日に横浜本牧教会の牧師から「吉澤さんは今週いっぱいかもしれない」との電話を受けていましたので、次の日の8日に自宅まで行ってベッドで少し苦しそうに息をするおっちゃんの横で詩編23編を読み祈ってきました。

わたしが横浜本牧教会にいた時には、おっちゃんとお連れ合いのはるさんにわたしたち家族は助けてもらいました。横浜本牧の牧師館に引っ越した2002年の3月下旬、妻のお腹はもうすぐ出産を迎える時でした。7月に初めての赤ちゃんを産み、初めての子育てでしたが肝心の夫であるわたしは朝8時から夜12時まで毎日出かけていて、土日も勉強と教会奉仕で子育ての手伝いはほとんどできませんでした。2004年の2月には下の娘も生まれて妻はとても大変でした。そんな時に妻によく「家においで。一緒にご飯でも食べましょう」と声をかけてくれたのがおっちゃんとお連れ合いでした。教会の神の家族ってすごいなぁと思います。この原町田教会でも、他の教会でも同じように困った時には「助けて、手伝って」と声をかけることができ、また寂しそうにしている人がいたら「一緒にご飯でも食べよう」と声をかける仲間がいる。ちょっとした手伝い、助けをして「ありがとう。助かったよ」と言われて嬉しい気持ちになる。ヨハネ福音書が伝える栄光がここ原町田教会に現されているのです。

保護中: 2020年2月11日 資料

この投稿はパスワードで保護されています。表示するにはパスワードを入力してください:


保護中: [教会員用] 2020年2月 主日礼拝音声

この投稿はパスワードで保護されています。表示するにはパスワードを入力してください:


入門講座へどうぞ!


神様は、あなたをしておられます。 神様に招かれ、神様のことばを聞き、神様に生かされ、生きているのが嬉しいと感じるのが「入門講座」です。 洗礼を希望される方はもちろん、キリスト教のお話を聞いてみたい方、つらい気持ちを抱えて救いを求めている方、どなたでもお気軽に、いつからでもご参加ください。あなたのお越しを心からお待ちしています。

どなたでも、事前申込みがなくても大丈夫です。

講師:宮島牧人(原町田教会牧師)
日時:日曜日の礼拝後
費用:無料

What’s New!

★主日礼拝★
4月5日~5月31日については、ホームページ先頭のお知らせをご覧ください。

 

1月26日、2月16日の主日礼拝メッセージを掲載しました。

2月23日 特別伝道礼拝2月16日 チャーチコンサート&ドラムサークルのお知らせを掲載しました。

2月2日お昼ごはんの写真を掲載しました。

1月の写真を掲載しました。

★12月 クリスマス愛餐会子どもの教会クリスマス の写真を掲載しました。

 

★12月 クリスマスの集会讃美礼拝子どもの教会クリスマス のご案内を掲載しました。

★11月から、英語レッスン子どもクラスが土曜日に変更になっています、案内をご覧ください。

 

原町田幼稚園のまいにち 教会付属幼稚園の公式ブログです。

2020年2月2日 お昼ごはん

2月2月のお昼ごはんです! 新メニューが二つも。ごはんがすすみました〜。

2020年2月16日13:30〜 チャーチコンサート&ドラムサークル

2月16日午後にチャーチコンサートとドラムサークルを開催します。

コンサートには、原町田教会聖歌隊、ジュニア聖歌隊、原町田幼稚園コーラスサークルが出演。

そして、ドラムサークル とは?!?!

ドラムサークルは、みんなが丸くなって座って太鼓を叩く、誰もが参加できるリズムコミュニケーション・イベントです!
楽器の経験がなくても大丈夫!
赤ちゃんや若い方、ご高齢の方までどなたでも参加できる異世代交流の場でもあります。
アフリカやブラジルなどの太鼓や打楽器を自由にならして、心も体も解放されて、みんなが繋がりましょう。
”ファシリテーター”という案内人が楽しい仕掛けを工夫します。どなたも安心してご参加ください。

2020年2月23日 特別伝道礼拝「あとになってわかること」

どのような時でも前を向いて人生を歩んでいく力は、どこから与えられるのでしょうか。
深井智朗牧師を講師としてお招きして、ご一緒に聖書の教えに耳を傾けてみたいと思います。
どなたでもどうぞご出席ください。お待ちしています。

講師略歴:1964年生まれ。東京神学大学、アウグスブルグ大学卒。滝野川教会、聖学院、金城学院、東洋英和女学院を経て、現在、愛泉教会牧師。

   

当ぺージでの引用聖書:日本聖書協会発行『新共同訳聖書』 (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988