2019年9月15日 全体修養会

9月15日日曜日の午後、教会員のみなさんと全体修養会を行いました。今年の教会の年間主題「祈る」について宮島牧師からの発題をうけて、少人数のグループに分かれて話しあいを持ちました。普段なかなか一緒になる機会の少ない方ともゆっくりお話しできて、和やかな嬉しい時間となりました。

また、宮島アトゥーさんからは、故郷ナガランド(インド)の教会のお話し、CBSI(Community Bible Study International 英語での聖書の学び)の活動の紹介をしていただきました。世界のさまざまな国にイエス・キリストにつながる兄弟姉妹がいることを改めて知りました。

保護中: [教会員用] 2019年9月 主日礼拝音声

この投稿はパスワードで保護されています。表示するにはパスワードを入力してください:


2019年9月27日12:30~ 崔善愛さんピアノトークコンサート(入場無料)

9月27日に、崔善愛さん(チェ ソンエさん)によるピアノトークコンサートを開催します。
入場は無料です。どなたでもどうぞおいでください。

2歳以上のお子様は先着8名まで託児(無料)があります、9月25日までにお申し込みください。(042-722-2454 原町田幼稚園まで)

『平和を希み 奏でたい』

主な曲目:
「エリーゼのために」(ベートーヴェン)
「トルコ行進曲」(モーツアルト)
「幻想即興曲」「ノクターン遺作」(ショパン)ほか

略歴:
ピアニスト。福岡県出身。愛知県立芸術大学大学院修士課程修了後、米国インディアナ州立大学大学院に三年間留学。このとき外国人登録の指紋押捺拒否を理由に「再入国」が不許可となり永住資格をはく奪され、約20年、法務大臣相手に闘った経験を持つ。イギリス、ドイツ、マケドニア、コソボ諸国から国際音楽祭に招聘され、国内でも『ショパンの手紙』『ベートーヴェン物語』『被爆ピアノコンサート』などを全国で展開、好評を得る。
主な著書「自分の国を問いつづけて」(岩波ブックレット)、「父とショパン」(影書房)、「ショパン〜花束の中に隠された大砲」(岩波ジュニア新書)、「十字架のある風景」(いのちのことば社)。
現在、明治学院大学・恵泉女学園大学・ルーテル学院大学等の非常勤講師。
日本ペンクラブ会員(平和委員)、2019年4月より『週刊金曜日』編集委員。

 

2019年9月1日 子どもの教会

もう夏休みも終わる時期、最近は学校によっては8月最終週から授業が始まっていたり、9月の最初の週までお休みだったりと、いろいろのようです。
子どもたちは頑張って宿題を終わらせて、元気に集まってきてくれました。

2019年9月1日 お昼ごはん

この日のお昼は、具だくさんの焼きそばでした。野菜がたっぷりで美味しかった〜。ごちそうさまでした。

   

日本基督教団 原町田教会 : 当教会では、日本聖書協会発行『新共同訳聖書』、日本基督教団出版局発行『讃美歌21』を使用しています。