一粒の小さき種

今日受洗出来ますことは、こんな私にも、神様は一粒の種を蒔いて下さったからと思います。ふりかえって見ますと、子供の頃母に「神様のお姿は見えないけれど、あなたの行いはいつもごらんになっているのよ」と云われ、私も何となく神様の存在を信じる様になりました。我が家は曹洞宗なのに何故かマリア様の絵が飾ってありました。中学校はミッションを受験することになり、面接の時「キリスト教のことを学び、クリスチャンになりたいと思います」父に云われた通り答え、合格しました。

1年の時、担任は都会的でチャーミングな先生でした。国語の先生でした。「この讃美歌は父の作詞なの」と教えて頂き歌ったことが懐かしく思い出されます。初めての礼拝、聖書、讃美歌、宣教師の外国人3名、異文化に触れた様で何もかも新鮮でした。聖書を学ぶなかで好きなみ言葉は「求めよ さらば与えられん… 狭い門より入れ…」自己流に解釈し、勉学の励みにしていました。

昭和35年結婚し上京しました。新しい生活を始めるに当たり、聖書と讃美歌は絶対必要と思い、持参しました。子供達の幼稚園は原町田幼稚園にお世話になりました。その間、お料理を教えていただいたり、又聖書を学び、バザーのお手伝いと皆様との交わりを深め、充実した日々を過ごすことが出来ました。家庭集会も行うことが出来ました。この時期、長男が統一教会と関わり苦悩の日々でしたが、祈りの中で道が示されたと思います。その後、息子は受洗することになりました。祈りは自分本位にならない様に、あくまでも神様のみ心ならばと祈りなさいと教えてくれた義姉の葬儀の日ともなりました。孫の病気「神様やっと誕生した大事な孫です。私の命にかえて助けて下さい」祈り、祈り続けました。幸いに孫は意識を回復し、私はまだ必要なのか生かされています。夫の死後、今前向きに生活出来ますことは神様の大きな愛とまわりの人たちの温かい支えがあったからと感謝しております。長い長い年月を経てようやく扉を開くことが出来ました。

これからは「主共にいます」ことを憶え、ただ従って行きたいと思います。蒔かれた種は大事に育て豊かに実を結ぶことが出来たらと願っております。又、今日の日を迎えられましたことは、皆様の祈りがあったからと感謝しております。今後ともご指導の程よろしくお願い致します。

(60代・女性)

信仰告白

私はずっと、自分に都合の悪いことやうまくいかないこと、辛いこと、それらすべてを誰か他の人や他のものごとのせいにして生きてきました。自分は間違っていない、うまくいかないのは私のせいじゃないと思っていました。ですから、昨年仕事と友人関係の両方でにっちもさっちもいかない状況に陥った時にも、なぜ自分だけこんな思いをするんだ、あの人が悪い、この人のせいだ、と心の中で叫んでいたのです。

ところが、そんな私に対して「自分は悪い人間なんだよ」と謝ってくれた人があり、勝手に自己の正当化ばかりしていた私は頭を殴られたような気がしました。お前は本当に何の罪も犯していないのか?小さな妬みから大きな憎しみまで、自分の中から出たものの醜さに目をつむっているのではないか?正面から自分の醜さに向き合ってみると、あまりの罪の大きさに目を覆いたくなりました。

そんな時に三浦綾子さんの著作に出会い、人間は罪深いものであり、その罪を背負ってイエス様が十字架にかかって下さったと知ったのです。こうして私はキリスト教について考えるようになりました。

地図や電話帳で教会を探し、自転車で場所を確かめ、やっと礼拝に出席したのは六月十二日でした。教会学校にも通っていないし聖書も読んでいないしで、戸惑うことも多くありました。でも日曜日に来てみると、その時の自分にぴったりの言葉が説教や祈りの中に必ず現れ、次第に私は怖れつつも教会に来てしまうようになりました。クリスマスには聖歌隊にも加えていただきました。今まであまり接することがなかった、様々な年齢層、様々な生き方に出会うことにより、あらゆるものに注がれた神様の恵みを感じました。そして、まだ早いかという迷いもありましたが、まず赤ン坊キリスト者として生まれたいと思い、このイースターに受洗する決心をしました。

この十ヶ月を振り返ってみると、私は自分から教会に来たのではなく、神様の恵みによって導かれたのだとしみじみ思います。ある本に「生涯を通じて、神は、離反しようとしてもできるものではなく、反抗しようとしてみてもその行為に意味もなく、悪を行おうとしてもその悪そのものが、神の光の影として認識されてしまう。その思いが、すべての報酬の中で最大のものである。」とありました。私の生活の中にも、神様の光をなしにしては生きられないと思います。

私はイエス・キリストの十字架による贖いと救いとを信じます。神様に感謝しつつ、神様のほうを向く者として教会の交わりに加えていただいて、信仰生活を送りたいと願っています。

(20代・女性)

2014年 原町田教会・原町田幼稚園 バザー

「共に創り、共に楽しみ、共に支えあおう!」
2014年10月26日、好天に恵まれて、原町田教会・原町田幼稚園のバザーを開催することができました。
おいで下さった皆様、ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。
この日に備えて、祈りながら、たくさんの時間・知恵・力を惜しみなく注いで下さったおかげで、素晴らしい一日になりました。

ちょっと小さめサイズの写真ですが、バザーの様子をお届けします。

2014年 バザーのご案内

10月26日に、教会・幼稚園合同のバザーを行います。
どうぞお誘いあわせてお出かけください!(PDFはこちら

2014年10月の写真

10月5日のお昼ごはんの写真です。

おいしいミネストローネスープとパンをたっぷり!

みんなでワイワイいただきます!お話はずんで食欲もりもり

 

2014年10月4日 第6回教区音楽祭 in 桜美林学園・荊冠堂チャペル

今年の教区音楽祭は、2014年10月4日(土)に、桜美林学園の荊冠堂チャペルで行われました。
「荊冠堂」は「けいかんどう」と読みます。
原町田教会からは、シニアの聖歌隊とジュニアの聖歌隊が参加して、それぞれ2曲ずつ讃美しました。

音楽祭実行委員会のみなさま、桜美林学園のみなさま、伴奏して下さった先生方、応援に駆けつけて下さった方々、ジュニア聖歌隊を応援して下さるご家族のみなさま、そして一緒に参加してくださった教区のみなさま、ありがとうございました。

原町田教会聖歌隊
1.十字架にかかりて(Ave Verum Corpus)
2.Sanctus From “Messe Solennelle”

原町田教会ジュニア聖歌隊

1.あなたに

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

2.ダンボール売りのキャロル

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

♪ラライ ララー・・・
1) 夜のとばりがおりて 彼は街をめぐる 愛する家族のため ダンボールを拾う
物乞いはしたくない 盗みもしたくない 闇をひたすらめぐり ダンボールを拾う
やさしい あなたは 苦しみを超え 闇夜を 生き抜く 心を歩む
♪ラライ ララー・・・
2) 彼が帰り着くとき 道の片隅から 捨てられた子の声が力なく聞こえた
その子を寝かすために ダンボールを選び 新たな家族として養い育てよう
やさしい あなたは 広がる未来 夜空もあけそめ 光と出会う
♪ラライ ララー・・・


ハレルヤ・コーラスもどうぞ!

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

パンを分け合う輪の中に 2014年10月5日

マルコによる福音書14章22-25節
◆主の晩餐
22 一同が食事をしているとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き、弟子たちに与えて言われた。「取りなさい。これはわたしの体である。」
23 また、杯を取り、感謝の祈りを唱えて、彼らにお渡しになった。彼らは皆その杯から飲んだ。
24 そして、イエスは言われた。「これは、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である。
25 はっきり言っておく。神の国で新たに飲むその日まで、ぶどうの実から作ったものを飲むことはもう決してあるまい。」

イエス様は、過越しの食事の席で「パンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き、」弟子たちに渡しました。食事の席で、パンを裂くことは、イエス様が独自で始められたことではありませんでした。過越しの食事では、父親が種なしのパンを裂いて分けることが、出エジプトの後からずーと長い年月をかけて行なわれてきました。けれども、イエス様は過越し以外の食事の時でもパンを裂いて、それを分けておりました。それは、マルコ福音書では6章と8章にあるとおり、ガリラヤで何千人の人たちと共に食事をした場面であります。6章41節でイエス様は「5つのパンと2匹の魚を取り、天を仰いで賛美の祈りを唱え、パンを裂いて、弟子たちに渡しては配らせ」たとあります。8章6節でもイエス様はたくさん集まった人たちに地面に座るように命じられ「7つのパンを取り、感謝の祈りを唱えてこれを裂き、人びとに配るようにと弟子たちにお渡しになった」と記されております。イエス様は過越しの食事以外の普段の食事でも、繰返し賛美と感謝の祈りを唱えた後、パンを手に取り、それを裂き、パンを分かち合ってこられたのです。ですので、イエス様が過越しの食事で「パンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き、弟子たち」に渡した時、弟子たちは「あ、これはガリラヤでの食事と同じだ」と気づいたに違いありません。そして、この過越しの食事が、ユダヤの人たちだけでなく、多くの人のための食事となったと聖書は伝えるのです。

イエス様はパンの次に、杯を弟子たちにお渡しになり、皆が一つの杯からブドウ酒を飲んだ後にこう言われました。「これは、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である」。イエス様は、「これは、選ばれしユダヤの民のために流されるわたしの血」とは言われずに、「多くの人のために流される血」と言われたのです。それは、まさにイエス様がこれまでガリラヤで実に多くの人たちと共に食事をした場面と重なってきます。多くの人の中には、病のゆえに汚れているとされた人たちや徴税人など「罪人」と呼ばれる人たちも含まれていました。ですから、このイエス様の過越しの食事での「多くの人のために」という言葉は、ユダヤの人たちにとっては驚くべきことでした。

ユダヤの人たちにとって大切なことは、食事の時に律法から判断される「汚れ」をできるだけなくして、清さである「聖」性を保つことでした。当時、律法を守ることができた人たちは、貧しさゆえにそれを守ることができない罪人や汚れた徴税人、汚れたとされる異邦人たちと食事をすることは決してありませんでした。ですから、おのずとユダヤの人たちの食事は、限られた中でのものとなっていたのです。しかし、イエス様の食事は明らかに違っていました。イエス様は「大食漢で大酒飲みだ。徴税人や罪人の仲間だ」と非難されていましたし、イエス様はその食事を止めるどころか、エルサレムでの過越しの食事では、杯を手に取ってこれは「多くの人のために流される血」だとまで言ったのです。

わたしたちが守る聖餐の中で、司式者はコリントの信徒への手紙一の12章27-28節の御言葉からとられた御言葉を次のように伝えます。「ふさわしくないままで主のパンを食べ、その杯を飲むことのないよう、自分をよく確かめて、聖餐にあずかりましょう」。

イエス様がガリラヤで多くの人と分かち合ったパンと魚での食事には、御言葉や祭司たちから見れば、決して「ふさわしくない人たち」がおりました。しかし、イエス様はその人たちに「あなたたちはふさわしくないから、この食事を食べないように」とは言われませんでした。ある人たちから見ればふさわしくない人たちとイエス様は、パンと魚を分かち合い、そこにいたすべての人が満たされたと聖書は伝えます。

今日のこの食事、いわゆる「最後の晩餐」でも、イエス様は間違いや失敗をしてしまう、決して「ふさわしい」とは言い切れない人たちと共におりました。その夜に自分のことを裏切り、お金で自分を売り渡す人と同じ席に着いていました。同じように、自分のことを3回も「知らない。あなたがたの言っているそんな人は知らない」と否定した人もおりました。ここに集う弟子たちは、何もかもを捨てて、イエス様に正しく従ってきたからこの食事に集うことができたのではありません。ただ、イエス様が神の国の祝いとして神様があなたを招いているという恵みによって共に食事を囲んだのであります。

わたしたちの信仰生活が立派だから聖餐にふさわしいのではないのです。むしろ、ふさわしくないわたしたちだからこそ、神様の赦しを信じてパンと杯を頂くのです。「ふさわしくないままで主のパンを食べ、その杯を飲むことのないよう」と聖餐の言葉を聞く時、わたしたちは、自らの弱さを自覚します。しかし、だからこそ、よけいに神様の恵みを深く実感して、聖餐にあずかるのです。イエス様は信仰的にも弱く、揺らぐことのあるわたしたちのままで、聖餐の食卓に一人ひとりを招かれているのです。

イエス様は、いつかは必ずやってくる神の国を実際に目に見える姿で弟子たちやわたしたちに教えてくださいました。それは、ふさわしくない人に「あなたは食べられないからここから出て行ってください」とする食卓ではなく、「罪人や徴税人」も同じ席についてパンと杯を分かち合う食卓であります。神の国の招待状は、どこで生まれたのか、肌の色はどうなのか、どんな仕事をしているのか、収入はどれくらいあるのか、そのようなことは全く問うことはありません。バプテスマを受けた後に献身的な信仰生活を送ってきたのか、聖書を何回通読したのか、献金をたくさん献げたのか、そのようなことも問われません。ただ、イエス様があなたを招いているという恵みが、その食卓への招待状なのです。

その神様からの招待状は全く新しい契約であります。この契約はイエス様が流された血によって更新されました。聖書は、犠牲の小羊の血が、イエス様の新しい契約に代わったとわたしたちに伝えます。イエス様の命によって救われた「新しい出エジプト」の恵みとなったのです。イエス様の体が裂かれ、流された血によって、人の罪は赦され、新しい契約がここに成立しました。そこには、ユダヤ人もギリシャ人もなく、「障害」者も健常者の境もありません。お金持ちか貧乏かなどという垣根もありません。多くの人をイエス様は主の食卓に招いているのです。イエス様は言われました。「これは、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である」。その食卓では、ある人がお腹いっぱいでいて、ある人がお腹を空かしているということはありません。一つのパンと一つの杯を集う者が皆で分かち合い、多くの人が満たされるのです。

保護中: [教会員用] 2014年10月 主日礼拝音声

この投稿はパスワードで保護されています。表示するにはパスワードを入力してください:


   

日本基督教団 原町田教会 : 当教会では、日本聖書協会発行『新共同訳聖書』、日本基督教団出版局発行『讃美歌21』を使用しています。